忍者ブログ
やっぱりこれか・・・
11月17日

天気予報では波が落ちる予報だし久々に河口へと行こうとO君に連絡した。

南風がかなりきつくどこへキャストしてるのか、ルアーの位置さえもつかめない状況に嫌気がさした私はO君と別れ風を避けられる場所へと移動し青物を狙いに行きました。

狙うはヒラマサ!ルアーはもちろんコンタクトブリット120(ピンクバック)

フォローの風をいかしぶっ飛びルアーがさらにぶっ飛び広範囲に狙うことができる。

着水から軽くダイブさせチョンチョンとロッドであおり水中ドッグウォークさせるイメージで狙っていく。

操作しているだけでなんか楽しくてワクワクするルアーです。

水面を意識するカモメ達を何度も見かけたのでベイトはいるように思えました。

きっとチャンスは来ると信じキャストを繰り返した。

昨日の腕の痛さが残る中ルアーを操作する。

1時間程たったころ、カツン!とルアーに当たった!浮上したルアーの後ろを追尾するのが分かった!

軽く引っ張ると、グン!乗った!よし来た!

グングンと引くがガチガチのドラグが出ることもなく寄ってきた。



やっぱこのサイズかとがっくりきたが、数が出れば昨日のように楽しめるぞ!

地合いかもと焦って写真撮ったもんだからヒモは入るわピンボケやし

しかし、その後反応はなく雨もぽつぽつと降りだしてきた。

ペンシルがだめならとフィードポッパー120(サバ)をキャスト!

水噛みのいいルアーでポップ音で強烈アピールするも水柱があがることはなかった。

また天気が悪い日が続きそうですが合間みて行きたいと思います。




PR



2012/11/17 11:12 | Comments(8) | 青物

コメント

 なっかんさん乙です_(._.)_ 
ベイトはシラスですか!自分はシラスでいいことありません(T_T) 攻略方法あったら教えて下さい_(._.)_
posted by 109 at 2012/11/17 13:03 [ コメントを修正する ]
やはり、青物いいですね〜
昼に釣りが出来れば、迷わず行っちゃうんですがねぇ(汗
サイズUP期待してます^^;
posted by tom at 2012/11/17 14:40 [ コメントを修正する ]
109さん毎度です!

今朝は来るのかなぁと思っていましたが来なかったようですね。
シラスパターンの攻略ですかぁ~
実際の所私もこのパターンにあまり出くわしたことがなく答えになるかどうかわかりませんが私なりの考えをと思います。
シラス、お分かりの通り3cmぐらいのサイズで遊泳力もあまり強くないので、フィッシュイーターにとっては願ってもないベイトといえると思います。
青物のように遊泳力に優れた魚にとって口を開けて泳げば自然と口に入ってくるのではないかと思います。
ルアーのサイズが小さいと食うかもしれないですが、大きなルアーでリアクションで反応してくれる個体もいるかもしれないですね。
早く引けばとも思いますが目の前にいる口開けて入るベイトがわんさかいるのに追う必要もないのですからこれはだめだと思います。
フォールさせて当たってくるのを待つ感じかゆっくりと引くしかないのかなと自分では思っています。
昨日はリトリーブ中よりはフォールや止めたときにバイトがありました。
posted by なっかん at 2012/11/17 18:21 [ コメントを修正する ]
tomさん毎度です!

サイズに不満がありますがそれでも青物の引きはいいですよ!
tomさんは昼よりナイト釣行が主流のターゲットですものね。
狙うターゲットは違いますがサイズアップ出来るよう頑張りましょう!
posted by なっかん at 2012/11/17 18:24 [ コメントを修正する ]
行っちゃってましたか(^_^)

私はナイトの疲れが溜まり、グロッキーでした(+。+)アチャー。

コメントに書いてあったシラスパターン!

私も同じ考えです(^_^)

さらに、アドバイスすると、シラスはダートするような泳ぎはしないので、ストップ&ゴー(メタルジグやトップウォータープラグにミノー)やホップリング(9㎝~12㎝ホッパー)が一番効くのではないでしょうか(^_^)

ナブラ打ちは、シラスパターンのみ基本的にただ巻き(^_^)
喰わせのタイミングをひたすら作ることが重要だと思います(^_^)
なっかんさんも言っていましたが、動きの早いベイトではないので、見切られないくらいのミディアムファーストリトリーブで、OKだと思います(^_^)

たまに、ボトムからハイピッチのジャークでがっつりシャクってる人も居ますが、ベイトが大きい鰺やイワシやコノシロの場合のみで、シラスなどのトップベイトでは、全くの無駄な力を使ってるだけ(^_^)
魚が沈んでるときは、フラッシングで誘うために極端にジャークする事はありますが、それは、居るか居ないかわからないときのみ(^_^)


あと、ルアーサイズを落とせば、口を使わせられますが、エリアによっては、ハードタックルでやらなければならないので、小さなルアーでは飛距離が落ちる(・_・、)
そのさい、私はタングステンのジグを使いますが、所詮私はシーバスタックルなのでヒラマサは場所によっては捕れませんm(_ _)m

従って、結果論で言うと、ぎりぎりの勝負をするならシーバスタックルなどの物で飛距離とルアーサイズをカバーするか、ハードタックルでタングステンを使うか、トップウォーターで、リアクションを誘うかだと思います。

偉そうな書き方で済みませんm(_ _)m
posted by 直吉 at 2012/11/17 22:36 [ コメントを修正する ]
うわぁ~!海が近いとさくっと行けるからいいなぁ~(笑)

そういえば僕も先月ボートで釣ったハマチとペンペンの腹の中はシラスしか入ってませんでしたね~

ルアーはintでした!多分リアクションで食ってきたんですかね~?
魚の考えてることはよ~わからんです(笑)
posted by タクジグ at 2012/11/17 22:37 [ コメントを修正する ]
直吉さん毎度です!

あの釣りプランでは体が持ちませんよ。
補足解説ありがとうございます。
私より現場に出る回数がめちゃめちゃ多い直吉さんの方がこういう場面に出くわすのが多いのではと思います。
後で色々と自分なりに考え答えを導きだしそれがはまった時の喜びは何事にも代えがたいことだし進歩だと思います。
posted by なっかん at 2012/11/18 09:35 [ コメントを修正する ]
タクジグさん毎度です!

海が近いので、思い立ったら行っちゃいますよ!
intは水面直下を泳がせることができるので、シラスのレンジにはまったのではないでしょうか。
こんなところでということありますね。
私たちが思っているより魚は不思議な所があります。
posted by なっかん at 2012/11/18 09:40 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<平政獲った!! | HOME | ボイル打ちは楽しい!>>
忍者ブログ[PR]